ウーマン

目元や口元のたるみは【美容液を使ってケアしよう】

目元の老化の原因

化粧品

弾力や水分がなくなる

年をとると目の下やまぶたがたるんできます。目の下やまぶたがたるむのは、様々な原因があります。加齢に伴って肌に弾力がなくなるのが、たるみの原因です。コラーゲンが肌の弾力を作っていますが、30代になると少なくなります。弾力がなくなることでほうれい線が深くなり、さらに目の下やまぶたがたるみんでいきます。肌の乾燥もたるみの原因です。加齢でヒアルロン酸が少なくなると、水分も少なくなり、乾燥してカサカサになります。乾燥した肌にはしわが寄ります。また、紫外線も肌を乾燥させます。特に目の周りは皮膚が薄いので紫外線の影響を受けやすく、そのため目じりにしわができたり、目の下がたるんだりします。年をとって肌が弾力や水分を失うことは、どんな人でも避けられないことです。しかし、適切に保湿をしていれば、ある程度目の下のたるみやまぶたのたるみを予防できます。目の周りに塗る美容液がアイクリームです。アイクリームは、目の周りの保湿にぴったりな美容液です。普通の美容液よりも高濃度に保湿成分が入っているのが特徴です。柔らかくて伸びが良く、薄い目の周りの皮膚に安心して使えます。ただし、たるみができてしまってからよりも、たるみができる前に使うことが大切です。コラーゲンが少なくなる30代は、アイクリームを使うのにベストなタイミングです。もちろん20代でも目元の乾燥が気になる人は、早めに美容液やアイクリームでケアを始めると効果があります。